今日も元気だメロコアが旨い

主婦並の買い出し成果や、一見相反しそうな投資について記録しています。その目的は同じ。お金を増やしたい、ただ一つ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
用紙サイズの指定や余白の設定をしたり、1ページあたりの行数や
1行あたりの文字数など、文書のベースを設定する「ページ設定」。

文書を書いているときは余り使うことはないかと思いますが、自分は
フォーマットの定めがない文書を作る時、書き終わって仕上げる際に、
改行位置の調整や、最終ページが数行しかなくて前のページにむりやり
押し込んだりする目的で設定変更のために結構開きます。

ページ設定はメニューバーから、
ファイル→ページ設定 で開けますが、手間に思うことがあります。
ところが、実はメニューバーから追っていかなくても、ページ上の
ある場所をダブルクリックするだけでページ設定が開けるんです!

画面上には通常ルーラー(目盛)が表示されており、余白に相当する部分が
グレーになっていることが分かります。
そして、縦のルーラーのグレーの範囲内における「用紙の外側のグレー部分
(画像赤丸)」をダブルクリックすると・・・

これがルーラー

ルーラーのグレー部分の範囲における用紙外枠をダブルクリック

ページ設定現る!


ページ設定が開くんです!

これを知ってから意味もなくついダブルクリックしてしまいます・・・





kingsoft writerの場合
ルーラーが置かれている枠の、ルーラーも何もない部分をダブルクリックでOK

kingsoft writerはルーラーが置いてある場所の余白部分


確認バージョン word:2003 writer:2010

スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。