今日も元気だメロコアが旨い

主婦並の買い出し成果や、一見相反しそうな投資について記録しています。その目的は同じ。お金を増やしたい、ただ一つ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある日、手作り感満載の梱包の宅急便が届きました。



150919_02.jpg

最近、楽天の買い物や、ヤフオクもやってないしなんだろう?
と思い荷札を見ると、お届け先:自分、ご依頼主:自分となっていました。

???

ましてや自分宛に送った荷物なんてありませんでしたので。


持ってみると重さが500~1000gぐらいの感覚だったので
まさか、開けたらドカーン?
誰が仕組んだ?

など考えました。


と、ここまでで30秒ぐらい経ち、冷静になったところで

常に頭の片隅にあったので大阪工機(3173)の優待カタログが来たんだなと気付きました。
世界各国の特産品を優待カタログから選んでもらうというものです。

品名欄に、細くて小さく消えそうな文字で
ケーキ(株優)とあったのは見落としてました。





一件落着なんですが、一番言いたいのはこれ。

早速あけてみると・・・

150919_03.jpg

アマゾンかっ!!!






しかし良く分析すると(分析ってレベルじゃないが)

無駄に大きな箱に小さな商品。

ここまでは同じ。


だがアマゾンは、余った空間は厚紙+シュリンクで固定など
過剰に商品の保護に使っている。

一方のこちらはというと

商品の上に折り目のついた厚紙が置かれているだけ。

いや別にこれでもいいんですけどね。


けど、商品の下を見てくれよと。
商品の下は何もありません。


外箱の底蓋は左右から折って、上下に折って、すると左右は短いことから
真ん中に1重になる弱い部分ができます。

商品は直にその1重部分に綺麗に収まっていました。

梱包した人もピッタリはまって気持ちが良かったことでしょうw

アマゾンとは差別化だぜ~w

って何か違くね?

150919_04.jpg

保護したいなら上に置いた厚紙は、商品に1週巻きつければ良かったのではと思いました。

箱はカタログ品全部に対応する物なんでしょう。
下側が弱い中途半端な保護ならなんもしなくていいですわw


もともと包装、梱包はもっと控えめで良いという考えを持っているので
全くクレームには値しませんが笑える対応でした。
(ヤフオク出品をするときはクレーム怖いんで過剰梱包します)




ご依頼主:自分となると、カタログギフトという位置づけも想定しているのか?
でもヤフオクみたいな手製梱包、おそまつな商品保護で
やっぱギフトにはなれないレベルだからご依頼主は自社名書けば?

伊藤園、カゴメ、ダイドーなどは外箱から専門用なのは見て知っています。
優待あまりもらわないので、汎用っぽい優待だとこんなもんなんでしょうか?




スポンサーサイト
父からユーグレナ(2931)の株主優待である「緑汁」をもらいました。

ずっと試したかったユーグレナ(ミドリムシ)。
ついに食す時がきました。

粉末のミドリムシを水などに溶かして飲むその名も緑汁w

青汁をパロディってる名前がツボに来る!!
ミドリムシだから緑で何らおかしくないんだけど何となく笑える。

中身は青汁の野菜ではなく緑汁は藻なので別物。
いや植物だから似てもあるし、動物の性質もあるから全く違くもある。


140628.jpg


まずスティックを開けてにおいをかいでみた。
ん~過去に嗅いだことがあるにおいだ。


 クロレラ!!


藻であることが良く理解できました。


続いて初めてですから水に溶かして飲みました。

お味の方は、

衝撃的なものはありませんでした。
少しまずいかな。苦くはないです。

激まずではないけどおいしくはないです。

緑茶を薬っぽく仕上げた感じかな。

誉める言い方をすれば栄養満点なのに
こんなに抵抗なく飲める味でいいの?です。


青汁、ムシといった連想から身構えるけど、
ユーグレナの味はユーグレナってことで
そういう味だとすればいいだけです。

サプリだっておいしくはないですから
まだ試してないサプリの一種だと思えば何とも思わないでしょう。

このGWは証券会社(GMO)のウォッチリストの整理をしようと思います。

1リストの上限数がありカテゴリー分けするのに意外と時間が掛かるので、
時間があるときにと思っていました。

以前減らしてもまだ300ぐらいあって
最早なんでリストに入っているのか分らない銘柄も多く、
10文字でもいいのでメモ領域が欲しいです。

そして社名に同じ文字が入っていると混乱します。

以前は[スター]で混乱していました。
今は[インフォ]で混乱中です。

どちらも3銘柄入れていますが、手掛けることで混乱は無くなっていきます。

GMOに要望は出したことありますが、
反映される見込みに期待できないしメモは既に出ているでしょう。
サーバーを増やす必要がありそうでもあり難しいでしょうか?




今日は、マイナー銘柄の実生活での活躍を一部見つけました。

フロイント産業(6312)
製薬向け造粒・コーティング装置が柱。
栄養補助食品・医薬添加剤も。(四季報)

いつだかの株主通信で、
身近では防腐剤に社名を見かけると思うとか書いてありました。

それ以降、意識していましたが見かけなかったのです。
それをようやく今日見つけました。
上品なパッケージのチョコレートケーキに入っていました。



本領は防腐剤そのものではないんですけどね。
おぉついに見つけたと思いましたが既に株主で無く。
2月の権利を取ってから底値近辺で売りました。

その後「グローバルニッチトップ企業100選」に選ばれる
ニュースが出てから暫くして上昇トレンドになっています。
機関が集めていたようで、握力弱く残念です。

長期投資家には向いてないな。
この株の方は当分買い戻ししないと思います。
の株価が先日、年初来安値を付けました。
2208 ブルボン その人です。

ブルボンのチョコレート菓子が好きで、
前に株主優待で貰えるかも?と思って調べたんですが、
1枚100万円、クロス取引も出来ないので見送り。

久しぶりに覗いてみたら、先日年初来安値の1,051円を付け、まだ近辺に
いるので値ごろ感から思わず買いボタンを押したくなりましたが止めました。

bourbon.gif

株主優待がもらえる9月までホールドする程の余裕資金はありません。
今月後半に買えばリバウンド狙いで儲かりそうですが、
それを狙うなら相場全体が下がってる中、閑散(↓に記載)の値嵩株でなくてもいい訳で。

ビックリマンみたいなヒット商品がきそうならあれですけど、
ブルボンって上品なイメージでそんなキャラじゃなさそうです?
大ヒット商品が生まれ版権でも潤い急成長性を遂げる
お菓子メーカーの姿は想像できませんでした。

配当利回りは1%台で高額な値下がりリスクをとってまでチョコレートが欲しいのか・・・
ブルボンの欲しい商品を2,500円分ドラッグストア(!)で買えばいいじゃんw


タイトルの話ですが、
老若男女問わず一度は口にしているであろうブルボンのお菓子。
ブルボンという単語を認知できない乳幼児を除けば、
日本では1億人ぐらいブルボンを知っていてもおかしくはなさそうです。
お菓子なだけに。

一方、日本企業の時価総額第2位を誇るソフトバンク。
孫正義で有名なソフトバンク。
お父さんのCMで有名なソフトバンク。

でも乳幼児に加え、ケータイに関心がなくNHKしか見ない高齢者を含めると
もしかして、このソフトバンクより認知度が高いかもしれない我らがブルボン。

幼少期から我々の体の成長を見守ってきたブルボン・・・。

そんなブルボンの一日の出来高ですがー
一年を通して多くて10枚程度
出来高無しなんてザラ・・・w

いちど日足チャートを見てみてください
このギャップ、滑稽です!!

こんな銘柄他にもあるのでしょうか。
信用買い銘柄が大量にあり、12月など配当権利日のある銘柄が多い月を迎えると
諸経費等の関係からどれを現引きしようかなと考えるときがあります。

該当する銘柄の現引き優先順位は、株主優待分を最優先にして、
続いて、名義書換料、貸借銘柄 → 配当金有無、保有期間 のようにしていました。


今月は、20銘柄ぐらい信用買いがあったので、
25日までに優待分はもちろん、12月銘柄は全て現引きしていたので一先ず安心していました。

そして権利落ち日も過ぎ、まだ現金に余裕があったので他も現引きしようと、
何気なく信用建玉一覧を眺めていたら、

同じ建日、建単価もほぼ同じ銘柄同士なのに
諸経費が50円も差がある銘柄に気づきました。(建日からまだ数日)

tategyoku.gif

具体的には、3183 ウイン・パートナーズ ですが、
諸経費詳細を見ると名義書換料が52円発生していました。

shokeihi.gif


3月9月銘柄なので全く気に留めていませんでしたが、
調べて見ると、3183は四半期決算銘柄というもので、
四半期決算毎に四半期報告書を提出しなければいけないようです。

yahoo知恵袋 四半期決算銘柄説明

そしてこれらの銘柄は本決算・中間決算時と同じように四半期決算月の
権利月最終日に買い建てていると名義書換料が発生するという仕組みでした。


例えば、7267 本田技研工業 や 9449 GMOインターネット
のように四半期ごとに配当があれば、四半期決算銘柄と想像できますが、

3183のように四半期配当がないと(別の理由?)、(ネット証券の(かつGMOクリック証券の))四季報等には
四半期決算銘柄を匂わせるキーワードがどこにも無く見過ごしてしまいそうです。

四半期決算銘柄一覧はこちら
楽天証券【四半期決算銘柄 -国内株式-】



四半期配当なしの四半期決算銘柄の

【メリット】
長期ホルダーは配当狙い等の短期ホルダーに比べ、
突然株主に送られてくる現金化しにくい書籍などを貰える権利が多くとれる。

【デメリット】
<○年以上継続して保有の場合>など保有期間の継続が
株主優待内容に影響する場合、四半期権利付最終日も考慮する必要がある。

四半期権利付最終日に信用取引で買っていると名義書換料が発生する。


銘柄一覧をみると結構な数ありました。
実際、四半期決算銘柄と知っていれば現引きしていた銘柄が幾つかありました。
権利月である旨お知らせしてくれる証券会社もあるようですが、
メイン口座にしているクリック証券ではそのような情報が無いので気を付けます。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。